ポリフェノール

ダイリン 株式会社

0120-201-793

〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-29-5

[ 営業時間 ] 9:00〜17:00 [ 定休日 ] 土日祝日

ポリフェノール

スタッフブログ

2020/03/16 ポリフェノール

 

皆さんこんにちわ

今回はポリフェノールについて書きます。

 

「ポリフェノール」をひと言で表現するなら、「植物由来の抗酸化物質」であるとされています。

あまり脳裏に全容の浮かばない単語ですが「ポリフェノール」だけは多くの人が聞いたことのある言葉だと思います。

 

私たち日本人が口にする機会のあるものとすれば緑茶やチョコレート、赤ワインやコーヒーなどに多く含まれると言われています。ゴールデンタイムの健康番組ではよく取り上げられたネタという印象ですね。では、このポリフェノールとは具体的にどのような成分でどのような効果があるのしょうか?

 

実はポリフェノールとはほとんどの植物に微量ながらも含まれているのです。種類は数千種類にも及びますがが、光合成によってできる植物の色素や苦みの成分をポリフェノールと呼びます。

なぜこんなにポリフェノールという単語が有名になったのでしょうか。

 

古くから色素や香料として使われていたポリフェノールですが、1990年代に生活習慣病の予防に効果があることがわかってきました。動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があると判明し、食の欧米化が進み生活習慣病のリスクが高くなった日本人もこれに着目するようになったのです。

 

病気や老化の原因としては食事やストレスなど様々なものがありますが、そのひとつとしては「酸化」があげられます。開けたばかりの日本酒を少し置いておくと味が変わったり、アボカドを切った後放置すると色が黒ずんだりするアレが酸化です。

 

人間にはもともと抗酸化物質が備わっているものの、20代をピークとして低下してしまいます。そこで食品から抗酸化物質を摂取しようとし、アンチエイジングや病気の予防としてコーヒーやワイン、緑茶やチョコレートなどが注目されるようになったという訳です。

 

ポリフェノールを多く含む食品としてはコーヒー、赤ワイン、緑茶、チョコレートの他にもたくさんあります。

・りんご ・プルーン ・紅茶 ・ココア ・蕎麦 ・玉ねぎ などなど様々です。お茶類は淹れたて、フルーツは皮の方がよりポリフェノールを多く含むと言われていますね。

 

ポリフェノールには数千種類あるのですが、代表的なものとしては・・・・・

・アントシアニン ・カテキン ・カカオポリフェノール ・ルチン ・フェルラ酸 ・クロロゲン酸 ・クルクミン ・ショウガオール などです。

名前の通りカカオポリフェノールはチョコレートやココア、ショウガオールは生姜に含まれるポリフェノールです。

身近な食品から摂取できる手軽さもあって、スーパーに並ぶ食品のパッケージにも「ポリフェノール」の文字を目にするようになりましたが、どのような基準で「ポリフェノールが多い」とされているのでしょうか。

 

実はポリフェノールに関する食品表示基準は特に定められていないようです。つまり基準値がファジーということで、どれくらいから「ポリフェノールが多い」と呼んで良いのか定まっていないらしいのです。

確かにポリフェノールが含まれていると謳っている商品は頻繁に見かけますが、「ポリフェノールたっぷり」とは表記されていませんよね。

 

どんな成分でもそうですが、ポリフェノールがカラダに良いからといって大量に摂取しないほうがいいのは当然です。摂り過ぎた時の弊害はよく分かっていない部分も多いようです。

当たり前ですが、ポリフェノールがたくさん含まれているからと言ってチョコレートを食べ過ぎれば脂質や糖分の摂り過ぎで肥満や生活習慣病を招く原因になってしまいます。日常的に赤ワインを飲み過ぎればアルコール依存症の危険性もあります。コーヒーを飲み過ぎて眠れなくなることもあるかもしれません。やはり何ごとも「過ぎたるは及ばざるが如し」なのではないでしょうか。

 

 

◆◇—————————————————◇◆
ダイリン 株式会社
電話番号 0120-201-793
住所 〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-29-5
営業時間 9:00〜17:00
定休日 土日祭日
◆◇—————————————————◇◆

TOP